看護師の求人探すなら?

看護師として働く方が求人情報を探そうと考えたらまずどうしますか?
多くの人が思い浮かべるのがハローワークの存在でしょうか。
さらにナースバンクを思い浮かべる人も多いでしょう。

 

ナースバンクとは看護協会がハローワークと協力して運営している、看護師のための転職支援サービスです。
公共のサービス事業ですので当然無料で利用することが出来ます。
また、ナースバンクは各都道府県にあるので地域に密着した求人などには強い傾向があります。

 

さらに最近増えてきているのが看護師専門の求人サイトです。
民間の企業が運営していますが、費用は全て求人する側が賄っていますので、ナースバンクと同じようにほとんどが無料で求人情報を探すことが出来ます。
大きく違うのが、こういった求人サイトでは個人に対する充分なサポートが用意されている点です。

 

ハローワークで転職出来る?

ハローワークを利用したことがある人もいるかもしれませんが、利用者が多いので仕方ないかもしれませんが、単純に出ている求人を紹介・仲介するだけの場所です。
求職者はPCなどで自分で求人情報を検索し、めぼしいものを窓口へ持って行き企業への仲介をしてもらいます。
転職するに当って相談したり、意見を聞きたいと思っても窓口の人はその職業について特別知識が豊富な訳ではありません。
たいしたアドバイスも受けられず、そのまま面接が決まったり、その場で断られたり・・・。
ハローワークで条件の良い転職が出来る人などわずかです。

 

ナースバンクで仕事を探すのも同じイメージです。
自分で検索した求人情報に応募する、という流れです。
特に有意義なアドバイスがあったり、応募の際に交渉をしてくれる訳ではありません。

 

転職エージェントの存在

転職エージェントという言葉を聞いたことがありますか?
一般の企業での転職では当たり前に利用されているシステムです。

 

求職している人は転職エージェントに条件にあった求人を探してもらい、さらに企業側との交渉もまかせます。
求人している企業と求職している人材とを強力にマッチングさせる役割を果たしているのです。
転職エージェントは就職が決まらないと報酬が貰えません。
さらによい待遇で転職することが出来るほど報酬がアップします(もちろん企業側が支払います)。
そのため転職エージェントはより良い条件で転職してもらうために真剣にサポートしてくれます。
求職者の相談や要望には充分に応えられるように努力します。
公共機関の対応とは当然、天と地の差があるのです。

 

看護師専門の転職エージェント

看護師求人サイトに登録すると、看護師専門の転職エージェントのサポートを受けることが出来ます。
看護師のキャリアに関する知識が豊富な、プロのアドバイスや交渉を味方につけることが出来るのです。
しかも現在はこういったサイトが複数存在します。
上手に利用することで短時間でのキャリアアップ転職も可能なのです。

 

ただし、ナースバンクは地域の小さな企業や施設の求人を得意としています。
特に介護関連の施設の求人情報は豊富ですので、ナースバンクと求人サイトを併用するのも良いでしょう。

保健師の求人で仕事を見つけて働こう

保健師求人を見ていると働くなら保健師も良いなぁ〜・・・なんて考えを持ってしまいます。
もちろん、これがとても甘い考えだとは分かっています。
でも、知り合いの人が保健師になったのですがとても優雅な感じでよいなぁと思ってしまうんですよね。
接客や動くことが好きな人はあまりなりたいと思える仕事ではないのかもしれませんが、座って事務なんかをやっているのが好きな人にはもってこいだとおもいます。
そんな私も動いているよりも座って仕事をしている方が好きなので、保健師って良いなぁと思います。

 

保健師求人|大手の求人情報が探せる人気サイト一覧http://xn--eckp2gs37ltgblxah91eqyz.com/

 

ただ、保健師になった人が言っていたのですが今は保健師のような職につきたいと思う人が昔よりも増えていて就職先が中々見つからないとか。
これは保健師にかぎったことではないのでしょうね。他の所で働いている人の話を聞いても今は自分のなりたい仕事を見つけるのはとても大変な事だといっていました。
少し前ほど就職難ではないのかもしれませんが、それでも堅実な職につきたいと思うのはそういうことがあったからなんでしょうね。

 

保健師助産師看護師法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO203.html

更新履歴